« 夏みかんの皮、うどの皮 | トップページ | 天ぷらの残りの粉/冷蔵庫で余っている牛乳 »

2011年3月15日 (火)

夜明け前が一番暗い

連日、地震に関するさまざまな報道が飛び交っていますが、
悲惨なニュースの中にも、すごく励みになるニュースをたまに見かけます。
たとえば最近見た中で一番印象に残っているのは、
「世界最貧国とされるバングラディシュからも支援の申し出」という短い報道でした。

お金持ちの国や地域も、そうでない国や地域も、
日本の今回の災害を他人事だとは思っていないのです。
同じ人間だから苦しいはずだね、つらいはずだね、と感じてくれて、
できるかぎり助けようとしてくれています。
一回も会ったこともないのに。
むしろ、日本がいろいろと迷惑をかけたことも多いだろうに。
世界の人たちは日本を自分の身内のように気遣ってくれているのです。


国内外から、助け合おう、がんばって乗り越えていこうという気持ちが高まってきています。
本当にひどい災害でしたし、今もその影響は続いていますが、
みんなでがんばれば何とかなるんじゃないかという気がしています。
そして、その気持ちは私の中で、少しずつ「何とかなる」という
確信の形に変わってきています。

次こそは、こんな悲しいことにならないような選択をしたい。
環境や電力や省エネについても気持ちを新たにして選びなおしたいし、
自分のライフスタイルも発言も、今ここから変えていこうと思います。
きっと今回が最後で、最大のチャンスなのです。

今日は、私の好きな言葉を紹介します。

明けない夜はない。
日は必ず昇る。
今をこんなに暗いと感じているのは、今が夜明けの直前だから。
夜明け前が一番暗い。
それでも朝日は必ず昇る。


世界中のやさしい人たちの思いをありがたく感じながら、夜明けを待ちたいと思います。

« 夏みかんの皮、うどの皮 | トップページ | 天ぷらの残りの粉/冷蔵庫で余っている牛乳 »