« 「体」は「頭」の奴隷じゃない | トップページ | 気持ちの沈む秋の夜は »

2011年9月 7日 (水)

「火照り」は「冷え」から来る症状なの?~猛暑に羊毛の靴下~

私は暑いところが苦手です。
そして、汗をかくことが昔から下手です。

フラやヨガなどで体を動かすようになったおかげで、
私の「汗かき下手症」は少しは改善されたと思っています。
それでも、ふだんの生活で動かないときは、
どれだけ暑かろうが、または辛い食べ物を食べようが、
ほとんど汗をかきません。
せいぜい鼻の頭と唇のまわりに、何滴か汗が出るくらい。
ものすごくひっそりとした発汗現象なのです。


ちなみに、汗をかくべき状況で
汗をかけないとどうなるのかといいますと、
手足が火照って、体に熱がこもったような感じになって
とても苦しく、機敏に動くことができないのです。
一言で言うと「火照っている」状態です。


ものごころついたときから、私の体は夏でも冬でも冷えていました。
体が火照るようになったのは、ここ数年のことなので、
私は火照りの原因を
「運動することで冷え性が治って、体温が上がったからだ」
とプラスの方向で解釈していました。
ただ、そうはいっても火照っている状態はどうにも苦しく、
黙ってやり過ごせないくらいつらいわけです。


ということで解決策はないものかと
「夏 手足 火照り」などと入れてググったところ、
思わぬ説が見つかりました。
それは、


「夏に手足が火照る人は、実は体の芯がすごく冷えている」

というもの。そして

「そんなあなたの体質改善にオススメなのが、冷えとり健康法!」

ということで、絹や綿の靴下を重ねばきする方法が紹介されていました。


冷房をたくさん浴びても「暑い!暑すぎる!」と感じている私の体が、
冷えているとはこれいかに?
そもそも絹だの綿だの、重ねばきできる靴下なんて
私、一足も持ってないし~。

などといぶかりながらも、
「火照りすぎて不快なこの状態を、もしかして改善できるかも」
とわらにもすがる思いで、冬用のウールの靴下をはいてみました。

もし、もっと火照ってきて苦しくなったらどうしようか…
まあそのときはすぐに靴下を脱げばいいのか…、
という気軽な気持ちでした。


結論から言うと、暑苦しいということはありませんでした。
むしろ、感覚的には「あったかくてホッとする」感じ。
この猛暑の中で「あったかくてホッとする」などと、
熱に対してポジティヴな捉え方ができるとは思ってもみませんでしたが、
体がホッとするこの感覚は不快感ではなく、むしろ快感です。


そのうちに、体全体がじわーっと汗をかき始めました。
ふだんの私は、じっとしているときに汗をかくことはないのですが
(たとえ真夏の時期であっても)、
靴下を履いて1時間以内に汗が出たのでびっくりしました。


しかもその汗をかいている感覚が、とても自然でおだやかだったのです。
たとえるならばそれは、遠赤外線のサウナでボーっとくつろいでいたら、
あら、いつのまにか汗が出てきたね、みたいな
全身から静かににじみ出るような汗のかき方でした。


暑い季節が得意な人たちというのは、もしかして
こんな風な汗をかくことで体温調節ができる人たちなのかもしれないな、
と思いをはせつつ、夏に自然に汗をかける喜びにひたってました。


ためしに、夜寝るときも靴下をはいて寝ました。
すると、いつもだと寝つきが悪かったり、夜中に目が覚めたりするのですが
靴下をはいて寝た夜はコトンと眠れて、朝まで熟睡。
そして私にとって熟睡の証である
「体がポカポカに温まって目が覚める」状態を久々に体感しました。


ここ数年、夏のファッションといえば
「七分丈のパンツに素足でサンダル」で通してきていました。
またそれが快感でラクだと思っていましたが、
そういうファッションによって体は
知らず知らずのうちに冷えていったのかもしれません。
とりあえずこれからの残暑の季節は、
靴下を履いて過ごしてみようかなと考えています。


★追記★

大事なことを書き忘れていました。

素足ですごして火照っていたときは、何をするにも倦怠感があり
動くにもいちいち「気合」が必要でした。
しかし靴下を履くようになってからは、格段にラクに動けるようになりました。

暑さに対して「暑い!」という感覚が消えてしまうことは、さすがにありませんが、
それでも「夏だもん、暑くても仕方ないんだよね」という感じで、
体が楽になった分だけ、心の許容範囲が広くなったような気がしています。

あと、靴下を履くようになった数時間後に、いきなりおなかがいたくなりました。
体の芯が冷えている実感があって、
「何? どうしていきなりこんなに冷えるの?」と、びっくり。
あまりに長引く腹痛におそろしくなり、
困ったときの正露丸に助けてもらいましたが、何だったのでしょうか。
「THE 冷え の逆襲」とでもいいたくなるような、迫力のある痛さでした。


たかが靴下一枚、されど靴下一枚、です。


そして、冷えや火照りとは

関係がありませんが、
最近私が見た8分間の動画を
ご紹介させてください。
「平和のために8分ください。」


平和とは何なのか。平和のために何ができるのか。
この動画を見てから、私は、自分なりの答えが出せました。
大勢の方におすすめしたい、おすすめの動画です(u人u)。

« 「体」は「頭」の奴隷じゃない | トップページ | 気持ちの沈む秋の夜は »